読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信用ない?

マンションのガスを開栓してもらったときの話。

ガス屋さんがやってきて、いろいろと説明してくれるまでは、四国の時と同じ。

その後・・・

「保証金として1万円お預かりします」

え!?

ガスに保証金???

今まで住んできた所で「ガスの保証金」なんて払ったことがない。

一瞬にして(この業者本物か?)という疑いの表情になった私を見て、

ガス屋さんはあわてたのか、ちゃんとした業者で、提携しているところがどこで・・・

オタオタ説明をしてくれた。

どうやら、ガス料金が不払いになった場合の保証金らしい。

家を借りるときの敷金のような物だそうで、退去するときには返してくれるという。

さらにガス警報器も月々105円のレンタル料がかかる。

これも四国では払ったこと無いぞ。

都会は何かとお金がかかると思っていたところに、今日は水道屋がやってきた。

ピンポンの後、すぐに出られず、もたもた玄関を開ける間も、

まるで取り立て屋のように

ピンポンピンポン!ドンドン!ドンドン!ピンポン!ドンドン!・・・・・・

なんなんだ一体、とドアを開けると水道屋。

「ここはいつから入ってますか!?使用届は出しましたか!?」と質問責め

まだ一週間なのに、そんなにあわてなくても、と思うのだが・・・

ガスにせよ、水道にせよ、それだけ不払いのままドロンする人が多いと言うことなのかな。

あぁ・・・都会って・・・。

広告を非表示にする