間取り図

地図を見る事よりもっと好きなことがあった。

「間取り図」を見ること。

住宅関係のチラシはかならず見るし、間取り図が細かい物ほど好き。

マンションでも一軒家でもどちでもいい。

この部屋を防音にして、グランドピアノを置いて、

ソファーを置いて、机を置いて、お客さん用の部屋はここにして・・・

などと小さい頃から空想して楽しんでいた。

今では、自分が住むなら・・・という空想を通り越して

勝手な住人を設定して、間取り図を眺めている。

子ども3人の家族、一人暮らしのキャリアウーマン、高齢夫妻・・・

また、この部屋で事業をするならこんな仕事で、従業員はこんな人・・・

あぁ、想像は際限ない。

そういえば、親と一緒に住んだ家は(物心ついてからは)3件。

狭かったり、床が抜けるほど古かったり・・・で、

自分の部屋はなく、ピアノも思うように弾けず・・・

ということからの願望がふくらんだのかもしれないけど、

もうそんなことはどうだって良い。

間取り図見るのとっても楽しい。

広告を非表示にする