読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の気になる会話

すっかり電車の中が読書タイムと化してから

移動時間が苦にならなくなった。

ある日のこと。

各駅停車の電車の中は、立っている人がちらほらという程度の混み具合。

時間は夜。

帰宅途中とみられる人が殆どで電車の中は静かだった。

そんな中、私の隣に座った若い男女だけが話をしていた。

どうも、恋愛初期っぽい。

周りが静かなだけに、二人の話し声は小さいながらよく聞こえる。

聞くともなしに聞こえてくる会話。

男「静かだよね。話しない方が良いのかな。本、読んでみる?」

女「うん。」

男「今、椎名誠の本があるけど、貸そうか?」

女「あ、読みたい!」

男「じゃあ、これ」

女「椎名誠ってさぁ、初めて読んだのが小学校の時の教科書でさぁ」

男「オレも!」

・・・・・・・

隣の会話など、気にすることもなく本を読んでいたつもりだったが、

私の頭の中はストップしてしまった。

え?小学校?

その後、なぜだか読書に集中できず、最寄り駅までぼーっと過ごした。

広告を非表示にする