読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満員電車の恐怖解消か!?

満員電車の恐怖(6/17記事参照)その後。 「降りられないんじゃないか」という怖さは未だ残っているものの、 最近では降りる「こつ」を掴んできた。 目的の駅が近づくと・・・ 「降りますよオーラ」を放出する。 そのためには、
その1、読んでいた本を鞄にしまう。
その2、脱出しやすいよう身の回り品を自分の体の前側に抱える。
その3、ドアの方向に体を向ける。
その4、ドアの方に進みたそうなそぶりをする

ここまでこなすと、よけてくれようとする人と、しない人が出てくる。
よけてくれない人がいても焦らない。
「よけてくれない人は」同じく降りる人の可能性が高い。

目的地の駅に到着すると、ドアが開く寸前のほんの何秒かで「テレパシー交信」をする。
交信内容は「私降ります」「私降りません。」の2種類。
同じドア付近にいる人同士は、ほとんどの人がテレパシーで交信できるようになるが、
(中には出来ない人も若干いるため、その場合のみ「すみません」と言葉を使う。)

この一瞬のテレパシー交信が完璧に出来るようになれば、満員電車の恐怖から解消されるのかもしれない。
まだまだ修行が足りない。
広告を非表示にする