読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

としくんの挑戦

自民党圧勝に終わった選挙。そして始まった国会・・・。

その国会で可決される見通しの「障害者自立支援法」。

その法案の可決に「ちょっと待って」の声を届けようとしている中学1年生。

以下は私が友人からもらったメールの抜粋です。

______________

ここ半年くらい、障害者自立支援法案が国会で審議されています。

これまでの障害のある人の介護のあり方には問題があったので、

見直しをすること自体は大賛成です。

だけど・・・・この法案では、誰のために?何のために?と首を

傾げざるを得ません。背景にあるのは、財政難ですから、

たくさんの矛盾が入り込んでいます。

骨子は、署名用紙を読んでください。

今月中に、国会で可決する見込みと言われています。

小泉自民党圧勝で、私も含め大人たちはこの法案が成立

するもやむを得ないか?との雰囲気濃厚でした。

先月末、とし君から法案反対の取組みをしたいから協力を!と

いう相談がありました。

最初、大人達にけしかけられた?と思って、まずは

本人から話しを聞きました。ぜーんぜん違いました。

としくんが話してくれたのは、署名の一番最初にある言葉です。

ぜひ、読んでください。

まっすぐな言葉でした。

18歳になったら一人暮らしもしたいし、大学にも行きたい。

そのときに新しい法律だったら・・・・との不安と憤り。

よーく考えると、としくんにはまだ投票権すらないんです。

小泉自民党に可否を投じることすら、できなかったんですよね。

としくんが将来のための第一歩を

たくさんの制約の中から踏み出しました。

大人の一人として、としくんに協力したいと思いました。

皆さんにも、義理や同情では、署名してほしくないと思っています。

ただ数が集まればよいのではない。

としくんの言葉をきちんと伝えて、賛同してくださった方に、

ぜひ署名をしていただきたいと思っています。

_____________________________

私も大人の一人として、としくんに協力したいと思う。

署名用紙は、http://www.soratobu.net/Toshi-kun.pdf

広告を非表示にする