遠足の香り

みかんを買った。

この時期の小粒なみかん。

あかちゃんのにぎりこぶし程度の本当に小さなみかんだけど、

よく色づいていて美味しそう。

さっそくひとつむいた途端に、早生みかんの香りが広がった。

これはまさに「遠足の香り」

「運動会の香り」でもある。

真冬のみかんとはまた違う、この時期ならではのみかんの香り。

なんだかすっかり忘れていたような懐かしい香りだった。

ここ数年は、みかんには贅沢になっていて、

「せとか」「はるか」「はるみ」「デコポン」等々・・・

新しく出てくる美味しい高級(?)みかんばかり食べていた気がする。

早生みかん特有の香りは、運動場の土埃の匂いまでも運んできた。

遠足の時にレジャーシートを広げた芝生の匂いもした。

運動会や遠足の時には、かならず誰かがみかんを持ってきていた。

横半分にきったみかんがお弁当の中に入っていることもあった。

たったひとつのみかんの香りが、小学生の頃の感覚にトリップさせてくれたことに驚いた。

香りって、すごい力があるのかも知れない。

広告を非表示にする