いちえの「空飛ぶ声のBlog」

日々のあれこれ。

ハナクリーンの伝道師

寒くなったせいか、本当に風邪をひいている人が多い。

先々週だったか、「喉と鼻の間の所が痛い」と言っているADさんに

私が愛用している「ハナクリーン」を勧めてみた。

同じ日、DJのRさんも喉を壊していて苦しそうだったので、

「ハナクリーン」を勧めた。

喉のトラブルは、結構鼻に原因があることが多い。(と思う)

鼻うがいは苦しいが、ハナクリーンを使うとちっとも苦しくない。

むしろカイカンなのだ。

痛くない秘密は、水の温度と専用のうがいぐすりにあるらしい。

温度は体温より温かめの40度前後。

うがいぐすりは生理食塩水の濃度になるらしい。

あのツーンとする痛みは全くなくなる。

朝起きたとき、外から帰ったとき、私はこれで鼻と喉を洗わないと落ち着かない。

今では、携帯用のハナクリーンまで買って、持ち歩いている。

その後、ADさんとは顔を合わせてないのでわからないが、

DJのRさんは、早速購入したという。

使用すること2週間。すっかりお気に召したようで、

もうハナクリーンのない生活なんて考えられないとまでおっしゃる。

DJのRさん(女性、とても美人)は、

ハナクリーンと一緒に撮った携帯の写真まで見せてくれた。

美人でおしゃれだけどおちゃめな人。私は好きだなぁRさん。

すっかりハナクリーン仲間だ。

とはいえ、ハナクリーンを使っている姿は誰にも見せられない(笑)

それにしても、これまで私の薦めで何人の人がハナクリーンを買っただろう。

鼻科学研究所から、なにかご褒美をもらっても良いんじゃないかと思うくらいだ。

まるでハナクリーンの伝導師だ。

広告を非表示にする