いちえの「空飛ぶ声のBlog」

日々のあれこれ。

待つ

「待つ」という行為は、自分の強さが試される行為だと思う。

今、とある結果を待っている。

待ち続けて2週間になる。

その間、気持ちは振り子のように揺れる。

明るい希望を抱いているときは、想像に胸がふくらみ、

よくない結果を想像しては、その知らせを聞いたときのダメージを減らそうとする。

冬季オリンピックを観戦していても、気になるのは選手達の精神面。

実力をどれだけ結果につなげることが出来るか。

それは精神的な部分が大きいのだとつくづく思う。

そんな選手達を見ながら、

これまで私自身がどうやって「ここ一番」を乗り越えてきたか振り返ってみる。

必要以上に「緊張」してしまうのは、自信をなくしているときか

他人(審査員や観客、視聴者等々)によく思われようと格好をつけているとき。

ほどよい「緊張」で、大きな壁をクリアできたときは

「できるだけのことはやってきた、もう今どうしようもない」という

「自信」と「良い意味でのあきらめ」が持てたとき。

今できるのは祈ることくらい。

この「待ち」の時間は、自分を振り返る良い時間だと思って、ゆったりと待とう。

果報は寝て待て。

広告を非表示にする