インタビュー、対談・・・

今の仕事のほとんどは「原稿を読む」こと。

アナウンサーという職業名だけれど、

こんなに「原稿を読む」ことだけに終始しているのは今年度がはじめてかもしれない。

松山にいた8年間は、原稿を読み、番組を企画し、リポートを企画し、取材し、構成を書いて、編集して・・・

読むことに終始しているからこそ、これまでおざなりにしていた自分の宵の欠点とも向きあわざるを得ない。

しかも生放送がほとんどで振り返る機会の少なかったNHK時代とは変わって、今やっているのはほとんど録音。

余計に向きあわざるを得ない。いやぁ、修行だなぁ・・・。

という仕事が多い中、時折、原稿を書く仕事も頂いている。

本当に時折なのだけど・・・。

今は、とある人のインタビューのようなものを原稿にまとめるという仕事。

2時間くらい収録しているVTRを字おこし(文字におこすこと)して、

まとめていく。

字おこし作業が結構大変だけれど、インタビューを聞くのが楽しい。

それをまとめる作業も、楽しい。地味だけれど、結構好きな作業だ。

こういう作業をしながらつくづく思う。

また、素敵に生きる人にインタビューしたり対談したりする仕事をしよう!

原稿を読むのも大切な仕事。まだまだ勉強しなければならない仕事。

でも、アナウンサーの仕事のひとつに「聞き手として相手の言葉を引き出す」というのもある。(と思っている)

アナウンサーは主役じゃない(と私は思っている)

ゲストやインタビュー相手の声をいかに引き出すか・・・

これは!という言葉が引き出せたときの喜び。

とはいえ、番組も持っていない今、簡単に実現はしないだろうけど

何らかの形で「人に話を聞く」ことをやっていこうと思う今日この頃。

広告を非表示にする