あっちこっちキャー

夕べの話。

イタリア語講座から帰ってくると、

日本対オーストラリア戦が始まった。

1−0でリードして前半が終了したので、

いつもは23時に家を出るところ、前半終了後すぐ家を出た。

うまくいけば仕事先で最後見られるかも・・・と思って。

仕事先の最寄り駅に着くと妙に静か。

いつもより明らかに人が少ない。

そっか、ワールドカップってすごいんだぁ…なんて思いながら仕事先へと歩き始めた。

この日の仕事先は通りから一本奥に入った住宅街の中にある。

角を曲がって住宅街にはいると、突然あっちこっちから「キャー」「オー!」「ぎゃー」の声。

窓という窓から聞こえた感じだ。

これは試合に動きがあったな、で、追加点?それとも追いつかれた?

と気になったので早足で歩く。

すると、まもなく一回り大きい「ぎゃーーーーーーー!」の声。

続いて「まだまだいけるいける!時間あるよ!」の声。

本当に窓という窓から聞こえるのがすごい。

その声で逆転されたんだなと分かったけれど。

仕事先につくと、ちょうど試合終了。

いつのまにか3点。あらら。

後半は生で見られなかったけれど、

なんだか窓から聞こえる悲鳴をきいただけで見た気分になった。

すごいなぁ、ワールドカップ。

広告を非表示にする