さいたまでえひめ

さいたまにあるとあるFM局での話。

ニュースを読み終わってスタジオから出ると、

マスタールームの技術さんとばったり。

「おはようございます!」とさわやかに(?)挨拶すると、

「福井さんって愛媛なんですか?僕もです!」と・・・

「え?本当に?どちらですか?」

「小松です。西条になっちゃいましたけど」

と言われると、急に親近感がわいてしまう。

さらに、報道ルームにもどると今朝はいつもと違うバイト君。

めずらしい名字だけれど、その名字の人に知り合うのは2人目。

そのことを話すと、

「僕と同じ名字の人はどこの人ですか?」と聞かれ、

「愛媛だよ」

「え!?僕、愛媛です!」

「え?ほんと?どこ?」

「丹原です」

なんと・・・。

そのとき、その局にいたのは10人程度。

さいたまのこの小さなスペースにおいて、愛媛率の高さに驚く。

普段の生活では、愛媛どころか四国に関わりのある人に出会うことすら少ないのに。

なんとなく嬉しい気分のまま、のほほんと勤務終了の時間を迎えようとしたとき、

関東地方で大規模停電発生。

バタバタバタバタ・・・・

広告を非表示にする