読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再び国立競技場

今年2度目の国立競技場に行ってきた。

今回はラグビートップリーグの開幕戦。

友人が招待券を手に入れたらしく、「行く行く!」の2つ返事で見に行くことにした。

試合開始前には、朝から降っていた雨もやみ、

ビールとかっぱえびせん片手に準備万端。

開幕戦だけあって、開始前に和太鼓の演奏があったり、

麻倉未稀さんの君が代あり・・・とイベント色たっぷり。

ハーフタイムには麻倉未稀さんがヒーローを歌った。

懐かしい・・・懐かしすぎるぞ・・・うぅ・・・イソップ・・・。

スクールウォーズって何年前だろう?

ああ、歳がばれる。

で、試合はというと東芝NECだった。

私たちはNEC側で応援。

でも・・・さっぱりわからない。

ラグビーのルールで知っていることと言えば

「後ろにしかなげちゃいけない」

「倒されたらボールを手放さなきゃいけない」

くらい?これも正しいのかどうか分からない。

会場DJさんが「@@@です。」と今の状況を時々説明してくれるが

その用語自体が初耳だ。

一緒に行った友人に説明を求めても、友人もかわらないレベル。

まぁ、得点が入ったかどうかは分かるから、とにかく楽しむべし。

しかし、NECは押され気味。

ルールもよく分からないまま、負けて終わりかぁ・・・と思っていると・・・・・・

「ロスタイム1分です」のアナウンスの後、

それまで見られなかった美しいプレーが!

これよ、こういうのを見たかったのよ!

ボールを取った選手がかなりの距離の独走・・・そしてトライ。

きゃー、かっこいいぞ!

試合終了間際のこと。

そのトライが決まっても負けは確実なのに、見せてくれるねぇ。

一気に盛り上がるNEC応援席。ほぼ総立ち!

私たちも膝においていたかっぱえびせんのことなどすっかり忘れて立ち上がる。

(前の席の下にばらまいていました・・・ちゃんと拾って帰ったけど)

試合には負けたのに、NECの応援席の方が盛り上がっていたのでは?

いやぁ、よかったよかった。

ルールは最後までさっぱりわからないままだったけど、

美しいプレーを見ることができて満足。

で、そのトライを決めた選手は、窪田選手というらしい。

ほほぅ。急にかっこよく見える。

遠目だから顔はしっかりとは分からないけど。かっこよく見えるぞ。

入場の時にもらったパンフレットで名前と顔写真をしっかりチェック。

その辺は友人も私も怠らない。(笑)

なるほど、スポーツ選手のおっかけファンの気持ちがやっと分かった気がする。

あんなプレーを見たらファンレターの一つでも書こうかという気持ちになるね。

これからラグビーも気をつけてみてみようかな。

誰か解説してくれるひとと見に行けると良いかもしれないなぁ。

やっぱりスポーツもアートだと思った。初秋のひととき・・・。

広告を非表示にする