いちえの「空飛ぶ声のBlog」

日々のあれこれ。

8回目のリレー・フォー・ライフ

愛媛でのリレー・フォー・ライフは今年で8回目なのだそうです。

f:id:icie3:20170903225133j:plain

暑さが心配され、ウォークは夕方からのスタートでした。

 

私はサバイバーでもケアギバーでもありません。

でも、愛媛でのリレー・フォー・ライフ

いつも少しだけ関わらせていただいています。

 

大切な友人が、手術後の抗がん剤治療と向き合っています。

なにもできなくてもどかしいけれど、

こうやって間接的にでも役に立てたらと、

友人に直接届かなくても、

私の気持ちを持って行く場所にもなっているのかもしれません。

 

私は夜越しをしたことがありませんが、

今年も明け方の空のDawnPurpleは素晴らしかったようです。


リレーフォーライフのシンボルカラーは紫(ドーンパープル)です。
日本のリレー・フォー・ライフ創始者である三浦さんは
「心細い夜をすごし、朝を向かえ、夜が明ける前のわずかな時間窓の外を眺める。
太陽が昇る寸前の空の色は世界で一番美しい紫色なのだと。
それは夜と朝、暗闇と光の間のほんの数秒の空の色。
すべてのがん患者が待ち望む色。
またひとつ夜を乗り越え、新しい日を迎えた証。」と語ったそうです。(公式FBより)

www.facebook.com

 

広告を非表示にする