階段の謎

階段の謎。

昇るときと降りるときの段の数が違う・・・という謎ではない。

駅の階段で、ずっと不思議に思っていることがある。

「なぜ、右側通行だったり、左側通行だったり、駅ごとに違うのか」ということ。

例えば、山手線。

乗った駅では左側通行だったのに、降りた駅では右側通行だったりする。

乗った駅と同じ感覚でぼんやりと階段に進んでいくと、

人の波に逆流していて、えらい目にあったりする。

ただでさえ人が多くて、ぶつからないように歩くのが大変なのに、

逆流してしまったら、前進も後進も逃げることも出来なくなる。

私が駅で一番注意して見ているのは、階段にペイントされている矢印かもしれない。

どうして同じJRの駅でルールが違うのか、不思議だ。

統一してくれればいいのに・・・。

広告を非表示にする