いちえの「空飛ぶ声のBlog」

日々のあれこれ。

カズーエ

とある仕事先での話。

その会社は外資(?)なので、スタッフの公用語(?)は英語だ。

スタッフの半数程度は英語圏の出身者。

で、日本人スタッフが半数くらい。

私がやっていることは「日本語でニュースを読む」ことなので特に英語は必要ない。

仕事に関する指示などは日本人スタッフとやりとりする。

それでも日常会話的なやりとりを交わすときは

相手のかたことの日本語と私のでたらめ英語を駆使する。

なんとかコミュニケーションがとれるもんだ。

ちっとも英語力は上がらないけれど。

そこでは、基本的にファーストネームで呼び合う。

私も「福井さん」ではなく「一恵さん」と呼ばれる。

だから、日本人スタッフの皆さんの名字も知らなかったりする。

で、今日のこと。

デスクで原稿をチェックしていると、通りがかったカナダ人の男性スタッフ(若い)に

「ああ、カズーエ、ヨロシクオネガイシマス。」

といわれた。

「こちらこそ、よろしくおねがいします。」と言いながら、なんだかとっても嬉しかった。

名前を覚えてくれていたと言うことも嬉しかったが、

そういえば、しばらく男性から名前で呼ばれるようなことがない・・・と思い当たった。

ああ・・・・。

広告を非表示にする